FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月06日 浣腸

11月4日(木)に「土曜日の夜にお清めをしてあげます。浣腸の用意をしておきなさい。」とのご命令をいただきました。これまで浣腸をしたことがなく、急なことでしたので、ちゃんとした道具を準備できず、ホームセンターで水槽用のポンプを購入して間に合わせました。

いろいろな液体を入れる方もいるようですが、知識も経験もない私は、今回はぬるま湯を入れていただきます。
裸になり、浴室へ。道具をセットして、入れ始めます。500ml「どう?」「もう少しお願いします。」…1ℓ「お腹がふくらんできたよ。やめる?」「もう少しお願いします。」…1.5ℓ「どう?」「苦しいです。(…少し我慢してから)トイレに行っていいですか?」「行きなさい。」

「いかがでしたか?」「今までのプレイで一番好きかも。内臓まで支配している感じがイイ。またやりたい。」「また、お願いします。」「お前はどうだったの?」「…苦しかったです。」「それだけ?」「K様に支配していただいて、幸せでした。」

正直のところ、プレイの最中は“幸せ”どころではありませんでした。自分の身にふりかかる出来事を理解し、対処するだけで精一杯でした。でも、私が悶え苦しむ姿をご覧戴き、ご満足いただけたことは本当に幸せです。
“好きか?”というと、好きではありません。“またしたいか?”というと、またしたいです。“幸せか?”というと、もちろん幸せです。
後から後から、便意がこみ上げてくるのに閉口します。時間に追われて暮らしているからでしょうか。ゆっくりと苦しみを味わい、楽しむ余裕が欲しいものです。

その後「頑張ったご褒美に」と、オナニーを命じていただきました。幸せです。

101106浣腸
スポンサーサイト
[PR]

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。