FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月30日 セックス

夜ビールを飲みながらパソコンに向かっていると、子どもを寝かしつけたK様が起きていらっしゃいました。
「何かお飲みになりますか?」「うん。チューハイ。」すぐに、チューハイ、グラス、氷を準備します。
「もう何日目?三日目?」と、私のズボンを脱がせて、貞操帯を確認しながらおたずねになりましたので、「四日目でしょうか。」とお答えします(実は五日目でした)。
K様は貞操帯をはずしてくださって、ペニスや陰嚢をナデナデなさいます。さらにシャツをまくって乳首もつまんで刺激してくださいます。
完全に勃起すると「すごい、真上を向いて立ってる。」とおっしゃってシゴいてくださいます。がまん汁が出てくると、それを左手ですくって私の口に運んでくださいますので、お舐めしてからそのまま人差し指をフェラします。
「恥ずかしい格好ね。感じるの?」「ハイ。感じます。」
「横になりなさい。」K様は私を寝かせて、下半身だけお脱ぎになり、私の上にまたがってナマで挿入なさいます。
私の上で上下に動いたり、ご自分でクリをいじったりしながら「あぁ~気持ちいい。」とおっしゃいます。
私も下から突き上げるように腰を動かしますが、すぐに果てそうになります。腰が引けているのが伝わるのか、すぐに「イキそうなの?」とおたずねになりますので「ハイ、イキそうです。」とお答えします。
「バックから思い切り突きながらイキなさい。」と体位をお変えになります。バックから突きますがすぐにイキそうになり、動きが止まってしまいます。
「どうしたの?イっていいわよ。」とのお言葉に、そのまま中出しで果てます。
そして、すぐにK様の股の下にあお向けになり、性器に口をつけてお清めします。今出したばかりの精液が口に流れてきますので、飲み込みます。
ティッシュで拭きながら「血も混ざってる…」とおっしゃると…、子どもが目を覚ました気配。K様はそのまま寝室に子どもを寝かせつけに行きます。
K様の体から自分の精液をいただくのは、“私はK様の奴隷である”という幸せを感じることができる瞬間です。
K様はそのままお休みに、私は再びパソコンに向かいます。
貞操帯はK様の手で施錠していただきたいので、はずしたままにしておきます。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

子供さんへの愛が…

Slave Tさん

貴兄のブログは、本当に子供さんへの愛が伝わってきます。
奥様もそうだと思いますが、子供さんへの愛情が格別に存在して、その範囲内で、夫婦のプレイが成り立っている感じですね。

素晴らしいと思います。

お子様がある程度成長された時の展開は、また違ったものになるのかもしれませんね。

私の場合、子育てが一段落してますので、少し違ってますが、
確かに子育て真っ最中のときは、いろいろ大変だったように思い出します。

Re: 子供さんへの愛が…

こりんさま
コメントありがとうございます。“子どもへの愛”と言われると、テレるというか、「そんな大したモノじゃないですよ。」という感じですが…。
まぁ、“子どもには迷惑をかけない範囲でのプレイ”というのは私も心掛けています。K様から「奴隷は私の子どもよりも身分が下」とはっきり言い渡されています。
こりんさまは子育てが一段落とのことで、うらやましい感じもします。たまには子ども抜きで、K様とプレイに没頭したいと思います。
でも、“子どもの世話ができるのも今だけ。すぐに大きくなってしまうから。”と思って、楽しむようにしています。
離婚を考えた時期もありましたが、奴隷となることで仲のよい家族でいられることは本当に幸せです。飼育してくださっているK様に感謝して尽くしていきたいと思います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。