FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月30日 セックス

明け方、目が覚めましたのでK様のふとんにもぐりこみます。お尻やお腹をナデナデしていると、K様が私の手を股間に導きます。さらにナデナデしていると私の手はパンツの中にまで導かれていきます。そのまましばらくナデナデしていると、K様が体勢を変えるよう合図なさいます。
私があお向けに寝そべった状態で下半身だけ脱がされ、K様が私のペニスをいたずらします。その後、K様も下半身だけお脱ぎになり、私の顔をまたいでしゃがみます。一生懸命舌と指でご奉仕します。そしてK様はそのままおイキになります。
このような状況のときいつも「これで終わりかな。」と思いますが、K様はおイキになった後でセックスをなさることがよくあります。“イったら終わり”というのは男の思考パターンなのでしょう。K様にはあてはまりません。
あるいは“女王様がイったら終わり、奴隷はおあずけ”というのが奴隷の思考パターンなのかもしれません。K様は“おあずけ”よりも“自分の中でイかせる”ことの方がお好きでいらっしゃるので、これもあてはまりません。
K様は今度は私のベニスの上にしゃがんで、騎乗位で交わります。騎乗位は“支配されている”という感じがいいですね。その後正常位に変えて続けます。「イキそうです。」「キて。中に出して。」そのまま射精します。
K様は精液をティッシュでおふきになりました。そのときは自分が射精した直後でもあり、まあいいか、と思いましたが、今考えるとやはり中出しした後は、K様の性器を舐めさせていただき、精液は自分の口で処理するのがいいように思います。
常に屈辱を与えていただき“奴隷”として扱われていないと、“奴隷として暮らす”ことは難しいです。つい、気が緩んで“K様と対等”であるかのように振舞ってしまうことがあります。
奴隷が常に奴隷でいられるように、常に屈辱を与えていただきたいです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。